2008年12月4日木曜日

ポインセチア 1   Euphorbia pulcherrima
   

   
クリスマスに売れる花、ド定番は何といってもこの ポインセチアではないだろうか。
  
何でなのかよく分からないけど、ツラツラと考えるにの色使いがクリスマス・チックなのだろう。
  
最近は品種改良が進んで、赤のみならず、黄色クリーム色ピンクなんかもある。
  
そこで満足してはイケナイ!
   
なんと!青色オレンジ色、さらには金箔がほどこされたキラキラ・ポインセチアもあるのだそうだ。
これは品種改良ではなくて、園芸農家の方が植物用の着色スプレーを使って色を着けるものらしい。
  
「景気の先行きが不安なので、目新しいもので少しでも目を引いて、売り上げ増につなげたい」
通常のものより2、3割程度高い値段での販売になりそうだという。
                         (朝日新聞2008/11/20)
   
さて、アナタは青やキンキラのポインセチアを買いますか??
  

  

4 件のコメント:

じゅんぺい さんのコメント...

やっぱり赤と緑だからいいんじゃないでしょうか(^_^;)
赤いところは、葉っぱですか?がくですか?

花咲ジジイ さんのコメント...

お答えは今日の「ポインセチア2」に繋がって参ります・・・。

ぴーさん さんのコメント...

ポインセチアを翌年きれいに色づかせるのは大変ですね。葉っぱが小さかったり、色がつかなかったり..暗室に入れたり色んな手順できれいになるらしいですね。買ったほうが安かったりするんですよ。

彬 さんのコメント...

私はスプレーで着色したポインセチアは買いません!
だいたい植物に電飾したり、着色したりするのはおかしい。残酷なことをしている。
生きているもの、自然のままの美しさを観賞するのだからそんなに人口的な物にしたいなら、造花を買えばいいのでは。