2017年12月13日水曜日

干してみなはれ


渋柿は渋い。

でもひとたび干すと様相は一変する。

甘い。

干し柿の甘さ(糖度)はメロンやブドウよりも高いと言われている。

あんなに渋いのが、干すだけでこれだけ甘くなるというのは本当に不思議。

そしてもっと不思議なのは「最初に干し柿に気付いた人」のこと。

渋い→不味い→廃棄

そんな図式で落着しそうなところを、渋い→不味い→干す、と誰が気付いたのだろう?

誰かが教えてくれたのか?

干せば甘みが増すなんてものを他に知らない。

コーヒーを最初に飲んだ人も、ビールを最初に飲んだ人も、あんなに苦いものを慣れる前の一発目から「ウマイ!!」と思えたのだろうか。

キノコも食べられるものと、中毒を引き起こすものがある。

マツタケに行き着くまでに何人命を落としたことだろうか。

ある意味、懲りない生き物である、人間というものは。


2017年12月11日月曜日

渋柿


急な寒波の到来。

北海道では大変なことになっているらしいが、イギリスのラジオを聴いているとどうもイギリスほぼ全土が雪化粧らしい。

極端だよねぇ

外仕事をしていても、普通は身体を動かしているとそれなりに暖かく感じるが、最近は底冷えというか、ちっとも暖かくない。

これで雨なんか降った日にゃぁ最悪だ。

頼む、年内は降らないでくれ、と願わずにはいられない。

庭ではカキが美味しそうに、その存在をアピールしていた。

しかし外見に騙されてはいけない。

美味しそうとガブリとやるととんでもなく渋かったりする。

なんなんでしょう、あの渋柿ってのは。

人間でも外見に騙されることが多いけど、カキはその期待を裏切る率の高さではトップクラス。

甘い柿とのギャップが大きい。

口に運ぶときに脳が甘いと期待した信号を流している最中に下に伝わるシブさの信号はインパクトがある。



新クリスマスリースの御提案


めっきり冷え込むようになってすっかり冬であります。

12月、師も走る忙しい月。

この時期は植木屋さんたちは書き入れ時。

年内は休みなしという植木屋さんも多いことと思う。

年末大掃除をして、気分良く新年を迎えたいのと同様、庭もさっぱりしたいというのは、これ日本人のメンタリティだと思う。

そんなわけで僕も植木屋の親方の手伝いで忙しくしております。

でも、ただ忙しいだけでは能がない。

どこかに発見や驚き、大袈裟にいえば感動など、楽しいこともないと。

それはそんなにスペシャルなことでなくてもいいのだ。

例えば、この前は生垣を刈込もうと思ったらつる性の植物が生垣に覆いかぶさっていた。

これをどけてから刈込むのだけど、このつる性の植物はヘクソカズラだった。

こんなに旺盛に育っていたのだなぁとちょっと感慨深い。

そして手に持ってみると、クリスマスリースの素材に使ってもなんら遜色がないように思えた。

だって「つる」で「実」がなっているんだから。

ありきたりの素材でクリスマスリースを作ったって面白くないじゃん。

どうです、ヘクソカズラもちょっと混ぜてみては。

面白いと思うんだけど。




2017年12月6日水曜日

まだイケる


昨日書いたように神宮のいちょう祭りは終わってしまった。

でも、都内の黄葉・紅葉はもうちょっと楽しめるのではないかと思う。

イベントは事前に開催時期を決めねばならない。

それが、今回のように紅葉だとか、花の開花をテーマにした場合、ぴったりとそのピークと開催時期を合わせることができるかというのは、もうほとんどギャンブル。

当たれば万歳だし、外れればドッちらけ。

自然を相手にするだけに予測するのは本当に難しいよね。

イベントはイベントして、個人的に都内を散歩するには楽しい季節だ。

写真は靖国神社。

大きな鳥居の先に黄金色に輝く円錐形のイチョウが並んでいる。

師走で何かと気ぜわしいけど、こういう名所を暇を見て歩いてみてはどうだろう。

2017年12月5日火曜日

機を逸する


先週金曜日。

仕事帰りに自転車で神宮の脇を通った。

絵画館前のイチョウ並木がライトアップされてキレイだった。

そうそう、この時期いちょう祭りが開催されているんだった。

なんだか一年が早いなぁ。

あと何回こんな黄葉をみることができるんだろうか、なんてマジメに思ってしまう。

サクラが咲くのを見るのもそう。

パッと咲いてパッと散る、サッと色づいてサッと散る。

こういう無常感を最近はとくに強く感じてしまうのだ。

年齢のせいか。

見ごたえのあるいちょう祭りをやっていますよ、と知らせようと思ったんだけど、調べたら12月3日(日)で終わっていた。

季節の移り変わりに、時の流れに全然ついていけていないじゃん。

ダメじゃん。

2017年12月1日金曜日

結構なものを有難うございました



植物愛にあふれた内科クリニックのご紹介、いちおう今日でいったん筆をおこう。

いやーそれにしても凄かったなぁ。

買ってきたもの、ではなくて、実生ものなど御自分でイチから育てていて、ここまで増やしてきたというのがスゴイ。

というかこれが真の園芸の姿という気がするけど、なかなかここまでできる人は多くないと思う。

そして几帳面な札。

丁寧な字で、愛情をこめてそれぞれの植物を説明している。

いったい誰に向けての説明なんだろうか?

もちろんこうやって通りかかる人が読むことを想定してのことだと思うけど、誰かをイメージしながらでないとなかなか書けないのではないだろうか。

また折を見て再訪してみたいと思う。

いいものを見せていただきました。

感謝。


門の内側も失礼して

ケヤキの実生 なんと7年目!!

ヤツデだってこのとおり

2017年11月30日木曜日

愛にあふれた内科クリニック



その不思議な植物好きの内科の話。

小さくて可愛いポット苗が置いてあった。

サクラソウ(桜草)苗さしあげます
来春開花です
いくらでもいご自由に1ポット1株
株がだいぶ大きくなりました

と看板に書いてある。

なんちゅう親切さ。

いくらでもご自由に・・・というあたりは、植物好きな人に喜んでもらいたいという気持ちが表れているように思える。

そして最後の「株がだいぶ大きくなりました」というあたりは、精魂こめて育てた苗も皆さんにお裾分けできるくらいに大きくなったんですよ、というような親心が垣間見えた気がした。

こういうのを無償の愛っていうのだろうか。

見てみると、まだまだたくさん小さな株が異なるプランターに育っていた。

愛情を注いで、几帳面に育てているのが良く分かる。

何者?この先生??




2017年11月28日火曜日

医は仁術なり


ときどき通りかかる昭和な雰囲気の漂う門構え。

いつもは門は閉まっている。

そしてプランターが外に幾つか置いてある。

それは知っていた。

でもこの前久しぶりに通りかかったら・・・

門が開いていた。

さらにプランターの数が増えていた。

なんだ、なんだ??

質素な看板が立てかけてあって、それによると内科クリニックらしい。

ええっ、これ病院なのか??

どう見ても普通の民家ですよ。

玄関で靴を脱いであがるのだろうか?
中には受付があったり、看護婦さんがいたりするのだろうか?

まぁそのあたりはいいや。

それよりも気になるのはこのおびただしい数のプランター。

しかもそれぞれに几帳面な文字で何かが書かれている。

例えば一番下の写真を見れば分かるけど、ヒガンバナのことについて詳しく解説してあるのだ。

これはスゴイ。

相当な植物好きなのが分かる。

クリニックとして門が開いていたので、失礼ながら門のなかもちょっとだけ見学させていただいた。

凄かったよ、ホント。

追って詳細をご報告しましょう。

優しいお医者さんなんだろうな、などと勝手な想像をする次第。




2017年11月26日日曜日

落ち葉の絨毯


気がつけば11月ももう終盤。

秋も深まってきた。

山沿いはもちろんだけど、都内を含め平野部の秋も本番かと。

近所の公園を歩いていたら、落ち葉の絨毯が。

赤、黄、茶など落ちたばかりの葉っぱはなんとも美しい。

散りぎわの美しさってやつだろうか。

あと2週間くらいは黄葉、紅葉、そして落ち葉を楽しめることと思う。

改めて一年は早いなぁと思う次第。

2017年11月22日水曜日

庭がなくてもシアワセ


往来にはみ出そうな植木鉢。

ときどきこんな光景を目にするよね。

僕はこういうのを見るたびに、小さな感動を覚えるのだ。

ちょっと大袈裟かな。

でも考えてもみてほしい。

植物を育てたい、でも庭がない。

普通は諦めてしまうでしょ。

でもこういう人たちは不屈の植物愛の持ち主なのだと思う。

庭がなくてもへこたれない。

限られたスペースを最大限に活かしてプランターを並べて季節の花を育てている。

「置く」だけでは飽き足らず、「ぶら下げる」ことでさらなるスペースの有効活用を図っている。

水平に垂直に、まさにMAX。

やっている御本人はもちろん、往来を行き交う人たちも楽しませてくれる。

そりゃ広い庭があればそれに越したことはなかろう。

でも、東京という限られた土地に多くの人がひしめく場所ではそれはなかなかかなわない。

イングリッシュガーデンも確かに素敵だけど、イギリスの人たちはこういう意味においては恵まれている。

日本では表現の場がこんなことになっているだけで、植物愛については負けず劣らず、いやいやかなり勝っていると思うよ。


2017年11月19日日曜日

オトナになろう

もうすでに左のツツジは枯れている・・・
「植栽保護の為前向き駐車にご協力ください」

・・・すなわち、マフラーからでる排ガスが直接植栽にかかると植物たちが傷むことからなのだろう。

「植木保護の為、花壇の上に登らないで下さい」

・・・すなわち、花壇に登ったついでに植物を踏みつける輩がいてのことだろう

いずれも植物愛に満ちているといえば満ちている。

しかしいずれも常識的に振舞えるのであれば、こんな注意書きは不要なはず。

電車のホームでのアナウンスなどもそうだけど、日本って国はどうも未成熟というか、当たり前のことを声高に、ややお節介的にアナウンスしないと収まらない性分であるように思える。

思いやりと常識を持ち合わせればこんな注意書きは要らない。

そしてこんな注意書きはなんとも興醒めだなぁと思うのは僕だけだろうか。

この花壇のどこに登るのだろうか・・・

2017年11月17日金曜日

余裕は大事


某所にて鉢植えの花を入れ替えようとした。

春からずっと頑張ってきたサフィニアもいよいよ元気がなくなってきたので秋~冬ものに植え替えようというわけ。

鉢にあったサフィニアにはサヨウナラして、問題は土(用土)をどうするか。

これを一般ゴミとして捨てられないのは周知のことと思う。

もちろん再利用、サステナブルな園芸を目指してみることにした。

ふるいに古い用土を入れて、砂利やサフィニアの根を取り除き、できれば天日干しして殺菌などすると良いという考え。

アイディア自体は良いと思う。

でも実際にやってみたら・・・

ふるいの選択ミスが第一にあげられる。

まずふるいのサイズが小さすぎて、少しづつしか用土が入らない。

そしてふるいの目が細かすぎてなかなかふるいを通りこして用土が落ちていかない。

これはひとえに「ケチった」からだ。

大きいサイズとなるともちろん値がはるし、普段からふるいを使うかというと否。

年に何回使うか分からんものにそんなに投資はできない。

こういうことは予め想像がついていたので、それなりに考えて買ったつもりだったけど甘かった。

そしてサフィニアの根はとても細かく、元気に密に張っていたのだった。

これは手間がかかる、時間がかかる。

思案していたところ、鉢底に謎の「卵」がたくさん付着しているのを発見。

この汚染された土を再利用することはかえってマイナスに思えた。

なので、結局この土は花壇の隅に捨てて、新たな用土を使って植え込んだ。

もちろん鉢は水圧を上げたホースで汚れも謎の卵も洗い流して。

こういう作業をするには、余裕が必要だと改めて思った。

時間的な余裕、ふるいのサイズの余裕、作業をするスペースの余裕など。

発想は良いが、それを実践するのはなかなか難しいね。

苗を用意しちゃったので後にはひけない

2017年11月14日火曜日

秋到来


気がつけば早くも11月も半ば。

年賀状は売り出されているし、来年の手帳売り場も盛況だ。

早くも忘年会なんて言葉も聞かれるようになってきた。

一年は本当に早い。

あと何回サクラを拝むことができるだろう、あと何回紅葉狩りができるだろう。

いつでも出来ると思ってはいけない。

人生には限りがあるのだ、と季節が巡るたびに思う。

都内でもぼちぼち紅葉・黄葉がはじまった。

今年もあと50日を切った。

一日一日を大切に。


切り込み隊長


おたくのご近所にこんな空き地を見かけないだろうか。

何か建物が建っていて、それを壊して更地となる。

当初は土むき出しの何の変哲もない空き地が、時間の経過とともに少しづつ緑に覆われていく。

不思議だと思いませんか?

緑はいったいどこからやってくるのか?

沸いてくるわけではない。

それこそ鳥や風がタネを運んでくるのだと思う。

あるいは土のなかにそもそもタネが潜んでいてそれが発芽することも考えられる。

こういう更地があると、そこに何がはえているかを注意深く観察すると面白い。

だいたいどこでも同じようなパターンのはず。

先陣をきってやってくるのはアカメガシワ、アオギリ、ヒナタイノコズチ、セイタカアワダチソウなど。

そして時間の経過とともに少しづつその植生が入れ替わっていくのがまた興味深い。



2017年11月12日日曜日

我々も運び屋なのだ


植物たちがタネを運ぶ件について書いてきた。

これまでご紹介したのは鳥が運ぶ、風が運ぶといったあたり。

もちろんこれら二つは最も代表的な種子散布の方法だ。

でももっともっと方法はバリエーションに富んでいる。

例えばこれ。

コセンダングサ Bidens pilosa 

実の先端が鈎針(かぎばり)状になっていて、人間の洋服や動物の身体に付着する。

種小名の pilosa は「長くて柔らかい毛をもった」という意味があるようだけど、この鈎針のことを指しているのであれば決して柔らかくはない。

下の写真は実を結ぶ前の花のときだけど、長くて柔らかい毛らしきものは見当たらない。

まぁあいい。

秋晴れの気持ち良い日は散歩しながら色んな実に目を向けてみよう。

2017年11月8日水曜日

旅するタネ


赤城の実をご紹介してきたけど、赤城の実に限らず植物たちはせっかくできたタネをより遠くへ運びたいと思っていて、それを風に頼ったり、鳥を含む動物に頼っていたりする。

これを種子散布と呼ぶということはお話ししたとおり。

動物たちは実を食べて、糞をするときに消化されなかったタネが糞に混じっていてタネは動物が実を食べたところから糞をしたところまで旅をしたということになるのだ。

そうやって注意して見ていると、何かの動物の糞が雨に打たれて形は崩れていたものの、中に消化しきれなかったタネが沢山含まれているのが分かる。

白っぽいタネ。

何のタネだろうか?

タネの中には動物の胃を通過する際、強い酸(胃酸)に触れることで発芽が促されるものもあるという。

タネの追っかけも楽しいテーマであります。

2017年11月7日火曜日

赤城の実 ③


赤城の実。

これまでは赤や紫など目立つことで鳥たちに見つけてもらって運んでもらうという話をしてきたが、タネを運ぶのは鳥や動物だけではない。

風だって運ぶのだ。

一番分かりやすい例がタンポポね。

あれは風にのってフワフワと飛んでいって着地した場所で発芽するという仕組み。

今日の写真は知っている人は知っているけど、知らない人は知らない実。

当たり前か。

これはカエデの実。

二枚の翼のようだけど、これは半分にパカッと離れて翼一枚でクルクルとヘリコプターのように回転して飛んでいく。

タネの部分が丁度良い塩梅の重さになっていて、クルクルと回転するようになっているのだけど、これを見るたびに本当に感心する。

こんな絶妙なバランス、作ろうたってなかなかできるもんじゃない。

是非拾って、自分でクルクルしてみていただきたい。

飽きずにしばらくクルクルできるはずだから。

2017年11月6日月曜日

赤城の実 ②

ミズキ

赤城で見かけた実の続編。

手のひらにのっているのはミズキの実。

こうやって枝(花柄)ごと落ちてくる。

この枝の様子がブドウの房の柄に似ていたので、以前「ブドウ科の何か」と案内して恥をかいたことがある。

人間、恥をかいて成長するものである。

こういう積み重ねで自分の知識が蓄積されたり、判別力が強化されるのではないかということで。

そしてたわわになる赤い実はアオハダ。

これも当初分からなくて、遠目にはサクランボのようにも見えたので「サクラの種類」として大恥をかいたことが。

今アオハダということが分かってしまったし、モチノキ科の特徴が見てとれるのでサクラのはずはないじゃないかと思えるけど、サクラも種類が多いのでこのようなサイズの実も結構見かけるというのが言い訳。

でもサクラとは実の付き方が違うし、なんといっても木肌がまったくサクラのそれと異なっていた。

勉強不足。

そして最後は暗がりに浮かび上がるオレンジ色の実。

なにやらオレンジ色のトウモロコシのようだけど、これはマムシグサ。

これらざっとご紹介したわけだけど、もちろんこんなものではない。

もっともっと沢山あるので、この季節散歩をしながらご近所の実を捜してみてはいかがでしょう。

アオハダ

マムシグサ

2017年11月4日土曜日

謎のおじさん


3連休ですか?

僕はあんまり関係ないけど・・・

今朝仕事先に向かう途中で、ノーネクタタイのしわくちゃスーツを着たおじさんが街路樹のハナミズキになっていた赤い実をせっせと摘んでスーツ上着のポケットに突っ込んでいた。

いったいハナミズキの実をどうするつもりなのだろう。

食べるわけでもなかろうに。

朝7時前から赤い実の収穫に精をだすおじさん。

スーツ、おじさん、赤い実・・・ とっても不思議でアンバランスな組み合わせで気になった。

2017年11月1日水曜日

赤城の実①

ガマズミ

そんなわけで先週末は雨の赤城自然園に行っていた。

実りの秋ってことで様々な実が色づいて見ごろを迎えていた。

赤い実、紫色の実、茶色の実・・・

どれもこれもなかなかどうしてキレイだった。

とくに雨に濡れると1.5倍くらいキレイに見える気がする。

こうやってみると目立つことで鳥たちに見つけてもらいやすいのはもちろん、鳥にとって「一口サイズ」で丸呑みしやすく、実の表面もツルツルしていて呑み込みやすいのではないかと思う。

これが大きかったり、ザラザラしていたり、角ばっていたりすると鳥たちは敬遠してしまうだろうなぁ。

つくづく上手くできているなぁ。

ムラサキシキブ

へクソカズラ

2017年10月31日火曜日

残り2ヶ月


ブログ、またサボってたんじゃないのぉ~

イエイエそうではございません。

週末は赤城に出掛けていたのです。

折りしも台風接近ということでイベント開催そのものが危ぶまれたけど、なんのなんの。

確かに雨に降られはしたけど、傘をさしてどうにか凌げる程度で、結局ほぼ予定通りにイベントを開催することができた。

その前の週の台風が凄かったので、かなり構えていたのだけど良い意味で拍子抜けだった。

でも帰りの関越自動車道では打ちつける激しい雨だった。

もう10月も終り。

赤城には間違いなく秋が訪れていた。

今年ものこり2ヶ月。

やることが沢山。

有難いことであります。


2017年10月27日金曜日

ショウジョウソウ


緑色と鮮やかなオレンジのコントラストが目を引く。

こんな植物、散歩をしていて道端で見かけませんか?

これはショウジョウソウ Euphorbia heterophylla 

ブラジルなど南米原産だけど、最近日本もブラジル並みに暖かく(暑く)なったせいか、あちこちで普通に見かけるようになった。

オレンジ色の部分は良く見れば分かるけど葉っぱ(正確には葉ではないのだけど)の基部。

花びらのようで、実は違うのだ。

学名 Euphorbia が示すようにトウダイグサの一種で、花は地味ながら小さく僕の指の先に幾つかかたまって見える。

トウダイグサの仲間ってことは、そう、ポインセチアの仲間でもある。

そうやってみると花の付き方だとか、苞の色づき方など似ているね。

種小名 heterophyllaheterophylla に分けて考えられる。

hetero とは「異型の」「異なった」という意味で、phylla は「葉のような形をした部位」を指している。

ポインセチアもこのショウジョウソウも色の付いた葉のようなものは苞と呼ばれていて葉とはちょっと異なる。

そんなのが名の由来かな、なーんて考えてみるとスジが通る。

なかなか強い植物なので、アスファルトの隙間などでも元気に育っているし、現に今日撮った写真は駐車場で車にギュウギュウ押されていたけどとっても元気だった。


2017年10月25日水曜日

似て非なる?

台風一過。
しばし秋晴れのはずじゃなかったのか?
寒く、そして冷たい雨が降っている。
こんな天気だから、植物たちも困惑していることだと思う。
花苗を見に園芸店に行ったけど、まだ秋・冬物は完全に出回っていないし、夏の残り物も元気がない。
端境期というやつか。
そんななか、どうにか元気そうに出回っていたのがパンジー、ビオラ。
ここにもブランドものとノーブランドものの差があった。

*ミルフル(サントリー):350円
*絵になるスミレ(サカタのタネ):350円
*よく咲くスミレ(サカタのタネ):200円
*普通のビオラ(ブランド無し):150円

同じモノなのに価格がこのように違う。

品種登録してあったりして、その「性能」がノーブランドものとブランドものでは違うということがある。

一見、同じモノ(花)なのだけど、その咲き方、元気具合、株の広がり方、花の咲く期間の長さ、花の形・色などが違うわけだ。

一通り買って、育てて比べるというのも面白いかも。

それにしても冬といえばパンジー、ビオラばかりというのもなんとなくつまらないなぁ。