2019年10月21日月曜日

植木鉢あるある


台風で木が倒れたり、看板が吹っ飛ばされたり。

そんな中、ご覧の植木鉢は何事もなかったかのようにそこにあった。

よく見てみると、鉢のサイズは小さめ、対して植えてある木は大きめ。

いわば頭でっかちでバランスが悪い。

台風でなくても、重心が上にあるので倒れてしまいそうだ。

でも、ここには「タネ・仕掛け」があるのだ。

想像するに、この植木鉢は長期間このように置いてあるうちに鉢底から根が出てきて、鉢を置いてある地面にまで深く広がっているのではないだろうか。

なので白いプラスチックの鉢の中で根が収まっているわけではなく、地植えされている木とほぼ同様に根を張っているのだ。

であれば風が吹こうが、頭でっかちでバランスが悪かろうが、問題なく立っていることができるのだ、たぶん。

頼まれてお庭の手入れに伺うお宅でときどき「あるある」の植木鉢から根を張る問題なのでご紹介してみました。

2019年10月16日水曜日

金があれば銀がある



今あちこちで香るキンモクセイ。

今日は用事があって新宿御苑に行ったのだけど、甘く香るキンモクセイの横にギンモクセイがあった。

ともに学名的には Osmanthus fragrans なので差はないのだけど、金と銀でやや趣が異なる。

キンモクセイは花色がオレンジだけど、ギンモクセイは白っぽい。

キンモクセイに比べてギンモクセイは香りがやや弱いとも言われているが、金と銀、お隣同士に数株植えられていたので、周辺一帯が甘い香りに包まれていて香りの強弱を判別することはできなかった。

単にオレンジの花と白い花、そんな違いにしか見えなかったなぁ。

2019年10月15日火曜日

備えよ常に


あらためまして台風の被害にあわれた方にはお見舞いを申し上げます。

被害は甚大。

ヒトもモノも大きく傷ついた。

ついこの前、台風による影響があったので皆それぞれ台風の接近に備えていたようだ。

とある場所でこんなのを見た。

針葉樹を刈り込んでつくったトピアリーを壁に誘引して風で倒れないようにしてあった。

概して針葉樹は根の張りが浅いので、割と簡単に倒れてしまうことがあるので、これは備えとしては正しいように思える。

そして、もし倒れた場合の経済的損失も大きいはずなので、そのあたりのリスク回避としても先手をうった形だ。

そなえよつねに。

昔、ボーイスカウトで習ったスローガンが思い出される。

2019年10月13日日曜日

薫る秋



台風一過。

それにしてもパワフルな台風でした。

先だっての台風然り。

これも地球の温暖化との関わりがあるのだろうか。

地球の行く末がとても心配。

さて、パイオニアプランツなんていって、逞しい植物たちの様子をあれこれ書こうという構想を持っていたのだけど、あれよあれよと時間が経ってしまった。

諦めたわけではない。

書きますので、ちょっとお待ちを。

さて昨日の台風の中、仕事はあった。

帰宅後は一歩も外に出なかったが、風が窓に当たる音と衝撃が尋常ではなく、恐怖を感じた。

そして朝起きると猛烈な日差し。

10月半ばだってのに気温も30度近い。

おかしいんじゃないの、ホントに。

買い物なんかもあったので、自転車で外に出てみた。

しばらくペダルを踏むと、あの香りがぽわ~んと。

あれですよ、あれ。

この時期香るといえば、キンモクセイ。

ここそこに植えてあるので、ここそこで匂う。

ああ、秋だなぁと実感する。

1年が早いねぇ。

手元には確定申告に使う書類なんかも届き始めている。

クリスマスカード書かなきゃ、年賀状も考えなきゃ、なんてシーズンも実はそんなに遠くない。

2019年9月19日木曜日

パイオニア・プランツ

ニワウルシ

カジノキ

ヨウシュヤマゴボウ

分かりにくいけど、たぶんエンジュ

ビルが建っていた場所が更地に。

都会ではよく見る風景。

土が剥き出しだった更地がいつのまにか草ボーボーになっているのもよく見かけるだろう。

そこに何が育っているのか詳しく調べるときっと面白いと思う。

ただ、他人様の敷地ゆえ、勝手に入ってつぶさに調べるわけにもいかない。

なので今回は往来から分かる範囲で、とくに大きなものを見てみた。

写真の上からニワウルシ、カジノキ、ヨウシュヤマゴボウ、エンジュ、だろうか。

タネを風が運ぶもの、鳥が運ぶものなどがあるが、それぞれバランスよく混じっているなぁ。

そしてここに名前が出てくるものは、他の空き地や建物と建物の隙間などに勝手に生えてくる植物として頻繁に見かけるものたちである。

誰が言ったかパイオニア・プランツ。

まさに先陣を切って根を張り、テリトリーを確保しようという逞しいやつらだ。

2019年9月11日水曜日

ヒマワリ強し


台風一過。

爪痕は大きく、被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

ゴルフ練習場の鉄柱が倒れたり、大きな街路樹が倒れたりするなど風の被害がすごかった。

そんななか、フト見かけたヒマワリ。

やや傾いていたけど、それはそもそも花が終わって傾いたのではないかと思われる。

茎の太さは直径4センチくらいはあるだろうか、草丈だって3メートルくらいある。

でも堂々と立っている。

ゴルフ練習場の鉄柱が倒れたり、大きな街路樹が倒れたりしている、のに。

これってすごくない?

僕が管理している花壇も結構なダメージで、明日くらいにいったんガッツリと切り戻そうかと思っている。

ヒマワリの頑丈さに改めて感心してしまったよ。

2019年9月9日月曜日

台風15号襲来

風で根元から折れたオリーブの木

台風15号が関東に。

たしかに雨、風ともに強く、とくに風の強さにはちょっとたじろいだ。

普段からビル風の強い場所があるのだけど、今日は本当に吹き飛ばれそうな風に身の危険を感じて迂回した。

歩いていると樹木も倒れている。

こういうときに普段から健全な状態なのか、潜在的に問題を抱えていた木なのかが試される。

潜在絵的に問題があるのは「根」の部分。

街の木はスペースの問題で十分に根が張れなかったり、穿孔性の虫に食われたりして健全とは言い難い場合が多々ある。

普段はどうにか立っているけど、こういう強風に晒されると途端にその脆弱さを露呈するのだ。

今回の台風でいったい何本の木が倒れるのだろうか。

伐採業者は大変な忙しさだと思う。

皆様のご無事をお祈りします。

2019年9月6日金曜日

日本でも見かけるイタリアの花

イタリアで真っ赤なサルスベリを見たよ、と書いたけど手元の写真をあらためてみると、それはサルスベリではなくキョウチクトウだった。

真っ赤なキョウチクトウ。

これが街路樹などにもなっていて、家屋の白いペイントととても良いコントラストだった。

それが以外にも日本で身近な花でイタリアで普通に咲いていた花の一部をご紹介しよう。

真っ赤なキョウチクトウと白い壁

昼なので花が閉じているオシロイバナ

ピンクのキョウチクトウ

ニチニチソウとローズマリー

ニチニチソウと白い壁

王道、ハイビスカス

ノウゼンカズラ

ランタナ(オレンジ色)

2019年9月4日水曜日

二色のサルスベリ



9月の声を聞き、ちょっとは涼しくなっただろうか。

最近の暑さは植物たちの生育にも大きな影響を与えていると思う。

この暑さと蒸れ(蒸し暑さ)に耐えられず、枯れていく植物もある一方で、暑さにめっぽう強い植物もある。

自分の見立てでは暑さに強いのは、ムクゲ、フヨウ、ハイビスカスなどのアオイ科、ランタナ、ニチニチソウ、ノウゼンカズラ、ブーゲンビリア、キョウチクトウなど。

オーナメンタルグラスなどと言われるイネ科の植物も基本的に暑さと乾きに強いと思う。

サルスベリも耐暑性は抜群だと思われる。

太陽光が強く、気温も高い地中海地方でも元気に咲いているのを見た。

サルスベリは普通は白、ピンク、赤などだけど、ヨーロッパで見たのは単なる赤ではなく深紅。

これはなかなか見応えがあった。

日本でもこういうのがあれば見栄えもして良いのにな、と思った。

この前見かけたサルスベリはよくよく見ると二色(bicolour)だった。

これもなんだか趣きがあって良いなと思ったよ。

2019年9月2日月曜日

夢は夜開く、オシロイバナも夜開く



オシロイバナ。

わりとどこでも見かける身近な植物。

その名の由来ともなっている種をつぶすと白い粉がでてくることで遊んだことがある人も多いのでは?

実はオシロイバナの花が咲くのは夜だって知っていた?

いやいや、昼間咲いているのを見たことがあるよ、というむきもあるだろうが、基本は夜。

上の写真は夜23時頃に撮ったもの。

全体に黄色味を帯びているのは街灯の影響。

そして下の写真は同じ場所で朝7時に撮ったもの。

花びらは全て閉じて終わっているのが分かる。

何故、夜咲くのか?

それは花粉を媒介する虫の活動時間に合わせてのこと。

どうやらオシロイバナはスズメガなど蛾が花粉を媒介するようなので、蛾が活動する時間帯に合わせて花を咲かせているのだ。

賢いのぉ~

2019年8月30日金曜日

お詫び、そして切り戻しその後


気が付けば8月も終わり。

最後にアップしたのは8月1日だったので、概ね1ヶ月サボってしまった。

そりゃ言い訳はあるといえばあるのだけど、所詮それは言い訳。

楽しみに読んでいただいている方々には大変申し訳ありませんでした。

切り戻したペチュニア/サフィニアのその後。

写真は8月11日に撮ったもの。

このときがピークだったかな。

というのはお盆休みに一週間丸々外出していたのだけど、その間の水やりが出来なかった。

こういう場合の対処法はあれこれ論じられているけど、僕が取った方法は北側の日の当たらないベランダに置いていくというもの。

普段プランターを置いてある南向きのベランダは日当たりが良いのはいいことだけど、最近の異常な暑さでは半日で水切れを起こしてしまう。

そこで直射日光の当たらない北側のベランダに移動してみる作戦をとったのだ。

日は当たらないが、マンションのベランダなので風によってそこそこ乾燥もするだろうし、不安はあった。

ただ、お風呂場に水を張って置いておくのは「水」の面では良いが、マンションの窓の無いユニットバスではもやしのようになってしまい、「光」不足による害のほうが深刻だと思ったのだ。

で、帰宅してどうなっていたか?

花は全て落ちてしまっていた。

ただ葉は元気はないものの枯れてはいかなった。

光量不足による徒長、節と節の間が広がって、色も心なしか褪せて、なんとも変わり果てた姿になっていた。
でも暗闇のユニットバスに置いていくよりはマシだったかな。

うーん、難しいなぁ。

枯れた枝も数本見られたし、枯れた葉もちらほらと。

そこで、またしても切り戻して若返り、すなわちリセットを試みたのである。

「切り戻し」=「なかったことに」という魔法は果たして効果があるのか・・・

この調子でいくと、このブログは切り戻しの話ばかりになってしまうので、これからは通常のペースに戻していきたいと思います。

2019年8月1日木曜日

切り戻しその後 20190801


切戻したのが先月10日。

かなり思い切ってバッサリやったがおよそ20日間でご覧の通り。

右のペチュニアも、左のサフィニアも概ね元通り。

全体にコンパクトになり、まさに株が若返った。

これぞ切戻しの目的なのだ。

花つきを見ると、まず最初に花を咲かせたのは150円のペチュニアだったけど、今になると350円のサフィニアが巻き返したようだ。

スロースターターながら、じわじわを本領を発揮する辺りが、いわゆるブランド苗なのだろう。

お値段が違うだけのことはある。

かなりしつこく追いかけてきた切り戻しだけど、いったんここで筆を置こうと思う。

あとはお盆休みの間の水遣りをどうするか、なんて心配事もできてきた。

2019年7月26日金曜日

切戻し その後 20190726


切戻したペチュニアにツボミが付いていたと書いたけど、なんとなんと昨日見たら花が咲いていたよ。

ザックリ、バッサリ、切戻してわずか2週間で花が咲くなんて、想定したのよりかなり早い。

目を凝らせばツボミがたくさん付いていた。

さらに隣のサフィニアにもツボミがたくさん。

いいね、いいね。

いったん育つだけ育って間延びしてくたびれた株を切戻すことで、一旦リセット、若返りを図ることができると、こうやって証明することができた。

是非、皆さんもやってみて。

2019年7月22日月曜日

切戻し、その後 20190722

僅か5日間でこの違いけいか

切戻した後、どのようにリカバリーしていくのか追っているが、先日お知らせしてから僅か5日でこうなった。

一旦、スイッチが入ってからの加速はなかなかのもの。

よくよく見てみたら安いほうのペチュニアに花芽らしきものがついていた。

ビヨーンと間延びして疲れた感じのペチュニア、サフィニアを切戻して若返りを図っているのだが、今のところ順調。

2019年7月17日水曜日

切戻し後1週間

7月10日 切戻し直後

7月17日 切戻し1週間後

記録的な低温、日照時間の短さ。

今年の梅雨はヤバいね。

ニュースなどでもやっているけど、農作物への影響は深刻だ。

もちろん観賞用の草花だってそうだ。

暑くなることを見越して植えたニチニチソウなんか具合が悪くなってしまった。

暑いなら暑いで、涼しいなら涼しいで極端すぎるのである。

なんとかならんか。

まぁ外で植木の管理仕事などをするには涼しくて助かるけど、そうも言っていられない。

さて7月10日に思い切って切戻したペチュニアとサフィニア。

わずか1週間でどうなったか。

右のペチュニアは一目瞭然。
新たな葉が増えているのが分かるだろう。

左のサフィニアはあまり変わりがないように見えるが、よく見ると新たな葉が増えている。

じっくり堅調タイプだと思うが、焦らずジワジワと切戻し効果を発揮するものと思う。

花を咲かせるのはもうちょっと時間は掛かると思うけど、来月にはお盆休みもあるし、その後くらいにボチボチと花を咲かせてくれればタイミング的にもちょうどよろしい。

ということで、長梅雨でも植物は日々成長していますよというお話。

2019年7月10日水曜日

切り戻し




ということで、少々くたびれ始めたペチュニアとサフィニアを切り戻すことにした。

遠目には分かりづらかったと思うけど、近くで見るとかなりくたびれてるでしょ。

ここはためらわずに大胆に。

切り戻したあとに、汚い枯葉も取り除いたら、ずいぶんサッパリした。

これで良いのだ。

あとは時間が解決するだろう。

切り戻したあとの写真、3枚目を見て欲しい。

左がサフィニア350円、右がペチュニア150円。

その違いは歴然。

サフィニアは節と節の間が詰まっているし、葉も多く、そして色も濃い。

一方、普通のペチュニアは節と節の間が広く、葉が少なく、そして色が淡い。

どちらが良い状態なのかは言わずもがな。

これがいわゆるポテンシャルの違いということだろう。

さぁ、これがどうなるのか。

実験は続く。

2019年7月8日月曜日

ペチュニア vs サフィニア


花壇づくりのイベントで「良い苗の選び方」といった説明をする機会があった。

そのときに「普通の苗VSブランド苗」という話もした。

例えば一般的なペチュニアは1ポット150円くらい。

対してサントリーのサフィニアは1ポット350円くらいだろうか。

同じペチュニアで価格が倍くらい違う。

ブランド苗って言葉は初心者に分かりやすいように言ったまでで、そんな言葉があるかは定かではない。

要はサントリーという種苗会社が品種改良をして、性能的に一般のペチュニアに優れたものを「品種登録」してある。

ポット苗で売られていたときは、外見的にはどちらが優れているかなんて区別が付かないくらい大差なかった。

花の数や全体の様子としてはむしろ一般のペチュニアのほうが見栄えがよかったくらいだ。

そして約3ヶ月経って・・・

向かって左の赤いほうが一般のペチュニア、右のピンクのほうがサフィニア。

まず草姿がまったく異なる。

ペチュニアはスッと立っている(立性)であるが、サフィニアは横へ広がっている(這性)。

写真では双方元気だけど、実はペチュニアのほうが相当くたびれてきた。

そこで切り戻しを行うこととした・・・・

(つづく)

2019年6月27日木曜日

新天地へ

モリモリだけど、花もまだまだ楽しめて捨てるには忍びない

駐車場の空きスペースに新天地を求める

おお、すでに良い感じ。良かった。
14基のプランターにモリモリになったオステオスペルマムとマーガレット。

これを廃棄するのは忍びないと、植替え大作戦を慣行することとした。

まずマーガレットの花がらを取り除くべく、ザックリと切り戻しをする。

そして苗をプランターから引き抜く。

で、新天地に彼らを運び、1苗1苗植え込んでいく。

1プランターあたりそれぞれ5株植えてあるわけで、状態の悪いものを処分したとして、それぞれ50~60株はある。

合計すると100株以上を植え替えたことになる。

最初はなんてことのない駐車場の空いたスペースだったけど、植替えを終えたときには隙間はほとんどなくてオステオスペルマムとマーガレットがぎっしり。

やや植込み過ぎとは思うが、捨てるよりは良いだろう。

すでになんとも良い感じだけど、これがまた育って花を沢山咲かせたらとても見応えのあるスペースとなるだろう。

次回訪問予定は一ヵ月後。

どんな感じになっているのかとても楽しみである。

2019年6月24日月曜日

モリモリ

植えた当初 3月末

モリモリに育った2ヶ月半後

とあるショッピングセンターにて14基のプランターに花を植えて飾るというイベントをやっている。

第1回目は3月末。

90センチ×35センチくらいのプランターにオステオスペルマム×5苗、バーベナ×3苗、マーガレット×5苗を植えた。

一枚目の写真がそうだけど、まだ苗と苗の間がスカスカ状態だった。

それが2ヵ月半で二枚目の写真のようにモリモリになった。

残ったのはオステオスペルマムとマーガレット。
バーベナは競争に負けてすでにその姿はない。

オステオスペルマムはまだ花も咲いているし、ツボミも沢山見える。

マーガレットは花がらが目立つが、まだツボミも上がってきているし、切り戻しをしてやればまだまだいける健康な状態だ。

実はこの施設ではイベントの一環として3ヶ月に一度植え替える計画をしている。

で、昨日がその日だった。

もちろん新しい苗を準備して植え替えるつもりで、既にある苗は廃棄というプランだった。

ところが、まだまだ元気で健康な彼らを見ていて、これを引き抜いて捨ててしまうのはなんとも忍びない気がしてきた。

そこで、急遽捨ててしまう計画から、彼らを別の場所に植え替えてやる計画に変更した。

(つづく)

2019年6月21日金曜日

年の功?


アジサイの話はまだ続きがある。

折れてしまったアジサイを切って、それはそれで花瓶に活けてみた。

季節感もあってなんだか良いカンジではある。

やったことがある人は知っているかと思うが、アジサイはその頭でっかちからなのか、水の吸い上げが悪い。

花瓶に活けてもわりとすぐに元気がなくなってしまう。

そんなとき、たまたま通りがかりの婦人と話していたら良い知恵を授けてくれた。

「キッチンハイター、砂糖を少々溶かし込んだ水に活けると良い」

なるほど。

察するにキッチンハイターは水を衛生的に保つという意味であり、砂糖はアジサイの栄養分の補給という意味だな。

理に叶っている。

早速、適当な量で試してみたら、確かに花も元気だし、葉もシャンとしている。

丁寧に婦人とは書いたものの、いわゆるオバサマであるが、いやいや園芸好きのオバサマの知恵には脱帽なんであります。

2019年6月20日木曜日

自立支援剪定?


支柱に頼らずにアジサイを自立させる方法。

実は、先日仕事で群馬県の渋川に出掛けた。

地域を花で飾ることに力を入れているようで、道路の中央分離帯に圧倒されるほどのアナベルが咲いていた。

こんな場所でひとつひとつ支柱を施すわけにはいかない。

いわば放置なのだけど、だからといってそれほど大きな問題にはなってなさそうだ。

つぶさに見れば確かに倒れそうになっているけども。

まず第一に沢山の株がまとまっているので、それぞれがお互いに支えあって支柱の役割をしているのではないか、ということ。

あと自分が今回の件で思うのは「剪定」について。

僕は冬に地面から30~40センチ程度まで、強めに剪定している。

これは花壇そのものがそれほど大きいわけではないので、株を意識的に小さくしておきたいということによる。

その剪定した株から春になって新芽がでて、あれよあれよと大きくなる。

その年に出た芽が成長した茎は緑色をして柔らかい。

前年以前の茎は茶色く木のようになっていて硬い。

いわば木化しているのだけど、これが支柱の代わりというがアジサイが自らを支える工夫ではないかと思ったわけだ。

なので来年は地面から80~120センチくらいで剪定してみようかなと思う。

すると茎の硬い部分が増えるので、もうちょっと踏ん張れるのではないかな、と。

分からない、やってみなければ。

何事も「やってみなはれ」なのだ。

時間はかかるけど、それが園芸上達の王道であると思う。

2019年6月18日火曜日

ポキポキ


雨でアジサイ・アナベルがダメージを受けた話。

その後、なんとか立て直した、つもりだった。

しかし、敵は雨ばかりではなかった。

ここ最近、良い風というか、そこそこの風力であった記憶はないだろうか?

枝を支柱に一本づつ結わえたまでは良かったが、それが仇になって株全体のしなやかさ(フレキシビリティ)が損なわれて、枝がポキポキと折れてしまったのだ。

分かりにくいかもしれないが、株全体が柔らかければ、風が吹いても適当にいなしてしまうのだろが、支柱でしなやかさがなくなってしまうとそこでポキッと折れてしまうというわけだ。

結構な数の枝が折れてしまった。

見栄えが悪いので折れた枝は切って花瓶に生けてみた。

ただ花瓶に入りきれないくらいの数だったので、仕方なくゴミ箱へ。

チックショー、なんかやり切れないゾ。

つくづく昨日ご紹介した plant support があればなぁ、と思ってしまった。

たかがアナベルの管理でも色々あるものだ。

ダラーっと倒れたり、ポキポキ折れないためには、どうするか?

そこについては思うところがあるので、また明日書こう。

2019年6月17日月曜日

支え


雨に打たれて頭でっかちのアナベルは無残な姿に・・・

そんな話を書いたが、後日晴れた日に絡んだ枝を解きながら一本づつ起こして、数本目だ立たないように立てた支柱に枝を結んで起こしてみた。

まとめて束ねて結ぶとアジサイの自然な感じが損なわれてしまうので、枝を一本づつ支柱と結んだのだった。

もちろん手間も時間もかかる。

これでざっと一時間くらい。

もっと早くすればできるけど、なるべく丁寧にやりたかったのだ。

この作業をするときに、すぐに頭に浮かんだ欲しいもの、それはイギリスでは普通に売られて手に入る plant support だ。

写真のようなものを土に刺すだけで支柱として機能する。

普通は支柱を2本立てて、そこに紐を張るが、これは設置も除去もワンタッチ。

しかも強度もある。

これを2本組み合わせて使えば株をぐるりと囲んで支えることもできるし、これを一個だけ半身を使うなら、今回の僕のように壁に押さえつけるような使い方ができる。

ホームセンターはもちろん、ネットでも探してみたけど、どういうわけか日本ではこれを見つけることができなかった。

こんなに便利なのに。

日本で支柱などとと検索するとあの金属のポールに緑色のビニールコーティングした味も素っ気もないダサい支柱しかでてこない。

いっぽう英語でplant supports と検索してみると色んなサイズ、形ででてくる。

そう、plant supports はなかなか熱い市場なのだ。

日本にないなら輸入するか、あるいは日本で作って売ったら結構売れるんじゃないかな。

まじめに考えてみようかな。

2019年6月14日金曜日

残念なアナベル



気付いたらほぼ1ヶ月、更新を怠ってしまっていた。

海外出張で不在だったり、イベント仕事やらで、言い訳はあるにはあるけど、それにしてもサボっていた感は否定できない。

1ヶ月あると植物の世界は様変わりで、とくにこの時期は成長が早いので、そのうちブログで書こうと思ったことは、とんでもなく時期はずれになってしまう。

気持ちも新たにリセットして書いていこう。

さて、最近胸を痛めた出来事は先週の大雨で世話をしているアナベルがご覧のように倒れてしまったこと。

頭でっかちで、雨を含むと重みでグワーンと倒れてしまうのだ。

支柱を施したり、株を紐で結んでおくなどの対応が考えられるが、それは事前の話。

いったんこうなってしまったら、雨が止むまで待つしかない。

その後、晴れた日に枝一本一本それぞれ絡み合っているのを解いて目立たないように支柱を施してみたけど、折れてしまった枝も結構あって、なかなかの損害だった。

ちょうど満開になって見ごろのピークを迎えたばかりだったので、とっても残念。

まぁこうやって雨という自然現象にできる工夫をしてやりくりをするのが園芸の醍醐味なんだろうけど。

2019年5月13日月曜日

花がら摘み不要!




花がら摘みについて熱く語ってきたけど、そんな熱さを根本からスルーしてしまうものがある。

これはミリオンベルというサントリーが品種開発したカリブラコア。

このラベルになんて書いてあるか。

「カンタン!初心者向き!暑さや雨に強く、花がら摘みも不要」

なんと花がら摘みは要らないときた。

これまで僕が書いてきたものはなんだったのか。

まぁそんな大袈裟なものでもない。

花がら摘みの目的は「タネにエネルギーが向かわないようにする」「見た目」のふたつだと思うが、花によっては実(タネ)ができないものがある。

不稔といったりもするけど、品種開発をしたものには複製を避けるために不稔性の植物を開発したことも考えられる。

そもそもタネができないのだったら、放っておいていいじゃない。

見た目は?

このミリオンベルの花は小ぶりで、枯れて萎れるとさらに小さくなる。

つまりあまり目立たないので放っておいても大丈夫ということだろう。

なんだか夢のような植物ではないか?

手間の掛からない手軽さが園芸の入り口となって、多くの人が園芸に興味を持てるようになれば良いという思いもあるのだろう。

色んなものが世の中にはある。

2019年5月10日金曜日

国は違っても基本は同じ


これはイギリス。

女性ガーデナーがかがんで一生懸命手を動かしている。

やっているのは、そう、花がら摘み。

ここはある有名庭園で、なかなか広いので全ての花がらを毎日摘むわけにもいかないのだろう。

今日はあそこの花がら摘みをするわよ、というプランに基づいて集中的に作業しているのだろう。

向かって左から右方向へ作業を進めている。

だから左側はきれいだし、右側には茶色に枯れた花がたくさん見える。

剪定バサミでせっせと花がらを摘んで黒いバケツに入れている。

黒いバケツはすでに一杯だ。

これを空けてはまた作業を続ける。

地味な作業だけど、美しい庭園を支えるには不可欠なこと。

何事にも王道はないのだ。