2008年11月30日日曜日

キウイ Actinidia chinensis
   

  
ちょっと変わった角度からキウイについてお話したい。
  
このキウイは、花咲ジジイの母校にあったもの。
実はこのキウイは僕が高校時代に当時の園芸好きの校長先生が 「キウイを植えます」 といって植えたものだ。
  
当時の僕は園芸に興味がないのはもとより、キウイなんて果物の存在すら知らなかった。
何でもかんでも一応反対する反抗期年代だった僕は 「なにがキウイだ」 くらいにしか思っていなかった。
   
思えばこの高校は変わっていて、作業の時間と称して雑草取り草刈り芝貼り などいろんなことを「させられた」
そう、正直に言うと自ら進んで楽しみながらやったという記憶は全くなくて、なんとなくやらされたという記憶しかない。
  
それは自分が反抗期にあったからかもしれないし、単に興味がなかったからかもしれない。
  
とにかくサボることばかり考えていた。
  
それが25年経った今、僕はこの園芸を生業としている。
  
不思議なものである。
   
この園芸の愉しさを説いてくれた校長先生が先月お亡くなりになった。
  
今日、校長先生を偲ぶ会なるものに出席したときに、校内を歩いていて藤棚のような棚一杯に茎が伸びて立派に育ったキウイを見て、麦藁帽子に長靴、ジャージ姿の校長が「キウイを植えます」といったあの日を鮮明に思いだした。

高校生の頃、ちょっと煙たかった校長先生の教育方針のもと土をいじっていた僕も25年経って 園芸で飯を食っていこうとしています と献花をしながらそっと報告した。

校長先生の御冥福を心から祈りたい。

4 件のコメント:

ひぐらし さんのコメント...

今日の文章を読んでちょっとだけ泣きそうになりました。

もちろん、自分自身の思い出につながっていく、ということもありますが、
中学高校の頃の「やらされている」と感じ、八方塞だなあ、と思っていたことも、知らず知らずのうちのちゃんと実になっていたんだなあ、と改めて思いました。

この話、うちの生徒さんに紹介したいなあ。
紹介しちゃおう!

花咲ジジイ さんのコメント...

25年前、校長先生が植えた指の太さほどのヒョロっとした幹は大人の腕ほどの太さになっていました。

じゅんぺい さんのコメント...

四半世紀だもんね、ちょっと感慨がありますね。私は早朝作業でテニスコートの脇に芝生をはったし、掃除の時間に自転車置き場の柿を食べて校長先生に怒られました。

そうそう、キウイはワインも作れます。Mブランドワインなんてどうでしょうか。

せん さんのコメント...

孟子曰、君子有三樂、而王天下不與存焉、父母倶存、兄弟無故、一樂也、仰不愧於天、俯不怍於人、二樂也、得天下英才而教育之、三樂也、君子有三樂、而王天下不與存焉。

合掌