2008年8月8日金曜日

ノウゼンガズラ Sampsis grandiflora
  
  
そういえば昨日は立秋ということで、暦の上では秋だった。
  
この「暦の上では~」というのは、もはや現代に季節感覚には全くそぐわなくなってきてしまったのではないだろうか。
その昔は、この頃からトンボが飛んだり、朝夕少し涼しくなったりして、ホンのちょっと秋の気配がしたのかな、と想像はするものの、今日の暑さを思い出すに、「どこが立秋だ!」とちょっと腹立たしくもなってしまう。
  
この暑さは9月中頃まで「残暑」というexcuseで続くのだろう。
  
イカン、つい愚痴っぽくなってしまった。
  
気を取り直して今日はノウゼンカズラである。
この独特のオレンジ色がなんとも印象的だ。
他にも赤などがある。
  
つる性の植物なので、何かしらに巻きついて、ひどいときにはもとの木全体を覆ってしまうくらいに生長が旺盛だ。
  
イカン、暑さ負けではないが、今日はちょっと疲れてしまってあまり気の利いた話も出てこない。
えっ?いつも気の利いた話かって?
  
ええ、一応なんと申しますか、そういった心掛けではあります・・・。
  

  

1 件のコメント:

ぴーさん さんのコメント...

嫁がすきなんですよ。のうぜんかずら。植えたら生育が早く、ひこばえなんかも出るし、手に負えないので却下しましたが..近所にはいっぱい植わっています。