2014年7月16日水曜日

男子も日傘なるものをさすナリ


梅雨も明けていないのに暑さが本格化してきた。

とくに日中の日差しの強さは尋常ではない。

そこで強く訴えたいのが日傘の使用。

日傘というとどこか女性のものといった印象があって、男性が日傘をさすとまだまだ違和感がある。

とくに僕のような「いかつい系」の男子は。

自分でも分かっているよ、その辺は。

でも日傘を一度させばその快適さに驚く。

こんなに涼しいのか、と。

一度さすと、逆にささずに暑さに顔をゆがめている人の気が知れないほどだ。

さしゃぁいいのに。

日傘にも色々ある。

僕も2本持っている。

ともに晴雨兼用。

1本は表が銀色にコーティングされていて、強力に日差しと暑さを跳ね返す。

ゴルフ傘の折りたたみ版みたいない感じ。

女子らしさのかけらもない。

しかしやや大袈裟な気がして、銀コーティングのしていないUVカットという晴雨兼用折りたたみ傘も買ってみた。

でもこれはダメだった。

大袈裟感はないが、UVをカットするだけで傘の下はムッとするくらい暑いのだ。

銀色コーティングの傘をさしたときのような涼しさはない。

というわけで、今日も外側が銀色コーティング、内側が黄緑色の折りたたみ日傘をさして出かけた。

他人の視線が気にならないでもないが、「いいの、いいの」自分が男子日傘普及へのパイオニアになってやるくらいの気概で一歩一歩前に進んだよ。

木陰でそよそよ、そんな贅沢気分を日傘一本で味わえるんだからささないテはない。

さぁともに一歩踏み出そうではありませんか。



1 件のコメント:

Mari sissi さんのコメント...

銀色にコーティングされた日傘(陽射しを反射して)それほど快適だとは!
ちなみに、それは「男性用の日傘」というカテゴリーでお求めになられたのでしょうか。
女性用では見かけた事がないなぁ、と。

殿方の日傘、良いですね(^_^)